日本人は会議下手!?-欧米人との会議で必要な積極性

「外国人との会議は意見が飛び交いすぎていて、じっくり考える時間がない。」
「きちんと考えてから意見を出そうとしたら、結局、欧米人がだした微妙な意見が採用されたよ…」

欧米人と働いている方は、一度はそんな風に思ったことがあるのではないでしょうか。
欧米人と会議をしていると、会議が急にブレインストーミングになったり、お互いの意見をぶつけ合うような場になることがあります。

私たちはそんな時、「きちんと考えて答えよう」と思うのですが、
実は、’’きちんと’’考えて答えなくていいのです。
今日はそんな欧米人との会議をどんな姿勢で臨めばいいのか、紹介します。

欧米人にとって会議とは?

欧米人と日本人では会議の概念が違います。
日本では、情報交換や部署内外での調整、また、すでに決めてあることを公的にするために会議をすることが多いですよね。
一方、欧米では何かを議論をし決定するために会議を行います
そのために彼らは会議で、活発に意見交換をして、より良い結論を出そうとしています。
そんな議論がベースとなる会議で、私たち日本人が、無言のまま1人で何かを考えていると、
「会議に参加する意思がなく、非協力的だ」とみなされてしまいます。
私たちからすると、「きちんと考えてから結論を出して答えたい」と思っていることがほとんどなのですが。

では、どんな姿勢で会議に臨めばいいのか、というと…

きちんと考えて発言しなくていい!

私たちは意見を出す際に、
「間違ったことを言わないようにしないと」
「批判されたらどうしよう…」
と思い、’’1人できちんと考えて結論を出し’’、発言をしようとします。
でも、欧米人との会議では、1人で考え込むよりも、まずは積極的に自分の意見を出すことが重要です。

そして、会議参加者から出た意見をもとに、皆で最善の結論を見つけていきます。
あなたの意見と対立する意見が出るかもしれませんが、
「どうしてそう思うの?」
「私はこういう理由でこう思う」
「なるほど、そういうことね」と、
より良い結論を出すために、意見交換をしていきましょう。
会議後に、意見が対立した相手と気まずくなることはありませんので、安心してください。

「でも、やっぱり正式な場で発言をするのは苦手…」

そんな方には、ランチミーティングをお勧めします。
カジュアルな雰囲気で意見交換ができますよ。

欧米人と仕事をすると、積極的な意見交換がどうしても要求されます。
まずはカジュアルな場で意見を出すことから慣れていきましょう!