外国人の同僚が動いてくれない理由

「今日が締め切りって言った仕事があるのに、普通に定時で帰っちゃったよ…」
「あー、もうなんで依頼しているのに動いてくれないんだろう」

外国人の同僚や部下に仕事を依頼した際、
依頼背景も説明して仕事を頼んだのに、期限すら守れていない…
そんな状況に面して、
彼らの責任感のなさにガッカリしたことはありませんか?
「仕事を依頼するときは、ちゃんとできないものと考えて依頼している」
そういう海外赴任者の人に何度もあってきました。
でも、彼らの依頼は本当に伝わっていたのでしょうか??

外国人に伝わらない!あいまいで遠まわしな日本人。

「ABCプロジェクトの件でお願いがあるんだけど、、、
あなたが自分の仕事で忙しいこともわかっているんですが、
実は他のプロジェクトがとても忙しくなってきているんです。
それで過去5年分の売上データの比較に手が回らなくて。
でも、役員が過去データを気にしているから、
できれば〇月〇日までにデータ比較の手伝いをしてくれたら嬉しいんだけど」

あなたはこんな風に仕事を依頼していませんか?
もし日本人の私たちが例のような指示を受けたら、
「わかりました、では〇月〇日までに終わらせますね」
と返事をすると思います。
ですが、これでは外国人の同僚たちは動いてくれません。
なぜかというと、
1.指示があいまいで要点が伝わらないから
2.遠まわしな表現は外国人には伝わらないから
3.相手の仕事時間への敬意が伝わっていない
外国人と日本人とでは、意思の伝え方が大きく異なります。
そのため、外国人に仕事の依頼をする場合は、
彼らに伝わる方法で、話さなければいけません。

このように依頼をしましょう!

「ABCプロジェクトの件でお願いがあるんだけど、
過去5年分の売上データの比較を手伝ってほしいんです。
実は優先順位の高い他の案件が忙しくなって手が回らなくて。
あなたの都合はどうですか?
(あなたの上司にも私からちゃんと伝えるから、)
〇月〇日までにデータ比較の資料作成を手伝ってほしいんだけど…」

外国人に伝わらない依頼方法に比べると、3つの違いがあります。
1.指示明確にする
英語と日本語では論理の組み立て方が異なります。
そのため、英語で依頼内容を明確に伝えるには、
『結論(依頼事項)→理由→参考になる情報→結論(依頼事項)』
という流れを意識して相手と話すことが重要です。
2.遠まわしな表現をしない
悪い例の「売上データの比較に手が回らなくて。」という言い方は、
『だから自分ではできなくて、私に手伝ってほしいのね』と、
相手に空気を読むことを要求しています。
この『空気を読む』ということは、外国人は不得意です。
そのため、あなたの意向を相手に明確に伝えることが必要です。
3.相手の時間に敬意を払う
私たち日本人はグループで働いているため、
同僚に仕事を手伝ってもらうことはよくあることです。
ですが、海外特に欧米では、
自分の仕事と人の仕事の線引きが明確なため、
あまり自分の仕事を人に依頼する、ということがありません。
そのため相手の時間に敬意を払い、
相手の立場に関わらず対等に扱うことが大切です。

依頼内容を明確に伝えるポイントとは

1.「結論→理由→参考情報→結論」論理の組立てをし、指示を明確に。
2.空気を読むことを要求しない。
3.相手の時間に敬意を払い、対等に扱う。
この3つのポイントは慣れるまでに少し時間がかかります。
できるだけシンプルな思考をして、
外国人の同僚と円滑なコミュニケーションをできるようになりましょう!