「海外で働きたいから、留学を考えている」
「もっと英語をスムーズに話せるようになりたい、
でも、1年で本当に英語を話せるようになるのだろうか…」
「留学中に英語を話せるようになるために、今何をしたらいいのだろう…」

留学を考えている方は、そんな言葉が頭の中にあるのではないでしょうか?
I will be the one’による、アメリカ留学経験者(201名)へのアンケート調査をみると、
実に、約70%の留学経験者が、英語習得に関連する後悔があると回答しています。

21% 日本人の少ない州に行くべきだった
20% 留学前にもっと勉強をしておけばよかった
14% できる限り長く滞在すべきだった
13% ネイティブと関わる努力をもっとすべきだった

14% 予算を抑えすぎた
9%  エージェント選び
(201名中1167が回答)

ここで注目して頂きたいのは、
留学中の後悔に唯一混ざり、20%もの割合を占めている
留学前にもっと勉強をしておけばよかった」。
英語の勉強をしに留学をしに行くのに、
「留学前の勉強」を後悔にあげる、その理由は何なのでしょうか?
そして、どんな勉強を留学前にするべきだったのでしょうか?
実際の留学経験者の声を見てみましょう。

「行っても何とかならなかった…」- 留学経験者の声

「ワーキングホリデーでカナダで1年間過ごしました。
英会話はできる方でしたが、語学学校では下から2番目のクラスに配置され、
『スピーキング・リスニングのすべての基礎は文法です』と先生から注意を受けました。
文法を日本でもっと勉強していれば、上のクラスに配置され、
論文の書き方・難しい映画の聞き取りから始めることができたため、
日本で文法の勉強をしてからくるべきだったと後悔しています」(20代女性)

「行けば話せるようになる、と1年間留学をしましたが、
1年後帰国しTOEICを受けてみると、なんと690点という結果でした…
特に文法の勉強は日本でもできることだったので、
もっと勉強してから行けばよかったです
」 (30代女性)

1年の留学で英語がネイティブ並みになることは難しいです
私は外国語大卒で、留学前から英語は得意でした。
そのため、ESLのクラスは3か月で卒業でき、
すぐに大学院に入学することができました。」(30代男性)

英語を習得するためには、留学中の行動も大切です。
ですが、何よりも留学の前に英語、特に文法のレベルを上げておくことが、
留学の効果を上げるために必要である、と言えるのではないでしょうか。

留学を成功させるために、今英語の勉強をしましょう!

生きた英語を学び、英語能力を向上させる、
そして、その英語を使って仕事をしたい。
そんな思いで留学を考えているのではないでしょうか。
英語力の基礎は、文法です。
そのため、限られた留学期間を有効に使い、留学の効果を高めるには、
文法の基礎を固めることが最優先です。
そして、リスニング・スピーキング力も共に磨いていき、
留学を成功に導く第一歩を踏み出しましょう!

実践英語を1日たった1題で着実に文法力が伸ばせる!【 HiNative Trek 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です