カナダ・ワーキングホリデーの支出入を大公開!

今回は、ワーキングホリデー制度を利用して海外で生活したいけど、
金銭面が不安と感じられている方に
私がカナダでワーキングホリデーをしていた際の毎月の支出入を大公開します!

「海外に行きたい!」けど、「お金が・・・」と心配されている方も
このウェブサイトをご覧の方の中にいらっしゃると思います。
ワーキングホリデー制度を利用すると、
お金をあまりかけずに海外生活を実現することができます。
ワーキングホリデー制度は、
条件さえ満たしていればどの方でも比較的簡単に参加できる制度です。

ワーキングホリデーとは?

ワーキングホリデーとは、
“2国間の協定に基づいて、青年(18歳~25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、
その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度”
です。(ウィキペディアより抜粋)

日本は現在、21カ国と協定を結んでいます。
18歳〜30歳の男女だれでも、
条件さえ満たせばワーキングホリデービザの申請ができ、
ビザを取得できると、その国で休暇を楽しみながら就労もできるという魔法のような制度です。

私の1ヶ月支出入(2010年当時)

私の1ヶ月の収入

私は2009年から2010年にワーキングホリデー制度を使って
カナダ・バンクーバーに住み、
日本食レストランでサーバー(ホール担当)として働いていました。
その頃の最低賃金は$8CAN(カナダドル)。
ほぼフルタイムで働いていたので1ヶ月で稼げるお金は以下となりました。

時給$8×8時間=$64/日
$64×22日=$1408/月

税金なども引かれるので、
実際にお給料としてもらっていた金額はもう少し少なくなります。
またカナダはチップ制度があり、レストランで働いくとチップが貰うことができます。
ランチ$15~20/日
ディナー$60~80/日
平均$75/日×22日=$1650/月

合計:$3058

上記のように、お給料以上にチップで稼げる月もあり、
私は銀行に入ってくるお給料にはほとんど手をつけることはなく
家賃も交際費もチップでまかなうことができ、貯金もできました

私の1ヶ月の支出

・家賃 $650
・交通費 ダウンタウンに住んでいたのでほぼ$0
・通信費 $20
・交際費 $100
・食費 $70 (レストランで賄いが食べられたのでほとんどかからず)
・ 趣味 $100(ヨガスタジオ代)
合計:$940

バンクーバーはカナダの都市の中で家賃が一番高く、
アパートやコンドミニアムをシェアするという場合がほとんどです。
当時、私は韓国人2人、
オーストラリア人1人と男性3人と2ベッドルームのアパートをシェアしていました。
ダウンタウンに住み、職場も近かったので、
交通費は友人と出かける時など以外は、ほとんどかかりませんでした。

そして、日本食レストランで働いたので、
働いている日は賄いを食べることができ、
食費も自宅で食べる時以外ほとんどかかりませんでした。

飲食業を選ぶとお金がかからない生活ができる!

カナダBritish Columbia州では2017年9月15日に最低賃金が$11.25に引き上げられました。
現在は私がワーキングホリデーでバンクーバーに住んでいた2010年より稼げるようになっています。

仕事をレストランやカフェといったところを選ぶと
賄いが出るので食費があまりかからなかったり、
チップがもらえてお給料を貯金にすることができます。
そして、その貯めたお金を使って旅行を楽しみ、英語力やその他のスキルを得るために学校に通うことができます

ただ「お金を稼ぐ!」や「お金を貯める!」を目的にしてしまうと、
海外生活を通して得られることが働くことだけになってしまう可能性もあるので、
渡航前に、やりたいことのリストアップや目的を明確にしておくことをおススメします。


8年のカナダ留学経験を元に
安全で英語漬けの留学をプロデュース
宍戸律子 公式サイト