「考えておきます」と言って、本当に考えていますか?

「やっと空気読めるようになってきたよー!」
と、前の会社の中国人の先輩が一言。
彼女は日本人の旦那さんと結婚して子供も二人。もう日本で20年以上暮らしています。
そんな彼女が、空気を読めるようになったと思った理由は、「考えておきます」を真に受けなくなったから、だそう。

今日は私たち日本人がよく使う「考えておきます」を使うときの、注意点を紹介します。
特に海外にいる方は、現地オフィスの方との信頼関係を深めるためにも使えるので、ぜひ参考にしてください。

本当に考えているの?

中国人の彼女が大学卒業後、日本の会社に入ってつくづく疑問に思っていたことは、
「あんなに長い会議をしているのに、日本人は会議中に発言をしない。
誰も発言をしないから、ボランティア精神で意見を出すと、
『アイディアがでましたので考えておきましょう』と言われる。
なのに一か月後には、会議では出すらしなかった違う意見が採用されている。
もしくは一か月間何も進展がない!
考えてないんだったら『考える』って何でいうの!

その疑問は、就職してからずっと消えなかったそうです。
そして、彼女は日本の会社で15年働いてやっと、日本人の「考えておきます」を「まだ決めない」や塩漬け案件、とみなすようになれたそうです。

「考えておきます」と言われると外国人はこう受け取る

彼女が言う通り、「考えておきます」ということによって、外国人は「私たちが考えている状態にいる」という理解をします。
答えを後回しにしたり、柔らかく断るための、言葉の認識ではないのです。
そのため、考えるといったのに他の案がいつの間にか採用されていた、考えるといったのに1か月たってもなんの進展もない、
という状況は相手に不信感を与えます

また、日本人上司を持つ外国人の同僚が、
「考えておくといいながら、他の提案書をすでに採用していた嘘つき上司は信用ならない!」
と、怒りをあらわにしていたこともありました。

このように日本人の「考えておきます」は、相手の誤解を招くことが多くあるため、注意をして使わなければいけない一つの言葉となっています。

まとめ

 

1.本当に意見を考慮する・考える場合に「考えておく」を使いましょう。
2.会議中もし良いアイディアがでなかった場合は、「まだ他の意見も聞きたいので、いつまでにアイディアをください」など言って、「考えておく」という発言を避けましょう
3.ベンダーとのやり取りで「考えておく(まだ決められない)」というときは、「いいと思うがまだ決められない」といい、立場を明確にしましょう
4.最終案が決まった時には、関係者と情報の共有しましょう

日本でもそうなので言うまでもありませんが、情報共有をするだけでよりよいい人間関係を作ることができます。

おまけ

中国人の先輩曰く、
「日本人は、恥ずかしかったり会議を早く終わらせるために、会議中に発言しない人がいる。
だから、私も空気を読んで会議中発言しなくていいって思うようになったよ。
会議の後にアイディアを上司に言った方が本音が聞けるし、アイディアも採用されるよ」

そもそも会議の意味がないような・・・と考えさせられる言葉でした。