英語で意思を伝える時に知っておきたい1つのポイント

「英語は話せているはずなのに、相手に伝わっていないなぁ」
「ちゃんと指示したのに、期待通りに動いてくれない」

英語で仕事をしていて、そう思ったことはありませんか?
私たちは、言語さえできれば外国の方と意思疎通ができると思いがちです。
ですが、実際は言語ができても、
あるポイントをおさえていないと、思うように意思疎通はできません。

そのあるポイントとは、『6W2H』を意識すること
これを意識するだけで、
あなたの英語での説明がしっかり相手に伝わるようになります。

日本人と外国人の間に生まれてしまうミスコミュニケーション

日本人に海外の人と仕事をする上で大変なことを聞いてみると、
ほとんどの人が、
「英語を使って依頼したのに、海外の人はちゃんと仕事をしてくれない」
「仕事の完成度が低く、結局自分で仕事をしなければいけない」
と言います。
一方で海外の方に同じ質問をすると、このように言います。
「日本人は仕事の依頼や指示が不明確だ」
「日本人の依頼の趣旨がよくわからない」
つまり、日本人は英語を使ってちゃんと依頼したつもりなのに、
海外の人にはそれが伝わっておらず、ミスコミュニケーションが生まれている可能性があります。
事実、私がイタリアで働いた際に、イタリア人から頻繁に受けた質問は、
『○○(日本人)からこのメールが届いたんだけど、彼は一体何を依頼しているの?』でした。

この違いの原因は、実は英語力からくるものではありません。



言葉以外の『空気』や『忖度』に頼る日本人

私たち日本人は長年単一民族で島国に暮らしてきました。
そのため、日本語でコミュニケーションをするとき、
言葉以外の「空気」「間」を読み、「忖度」をする独特のコミュニケーションスタイルを持っていると言われています。
『1言ったら10わかる人』と優秀な人を表現する際に使いますよね。
それも私たちのコミュニケーション背景を表した表現だと言えます。
これに対して、特に移民から成り立ったアメリカなど、
多文化環境の中にある欧米諸国では、
「意思や意図は、言葉にしないと相手に伝わらない」というのが常識です。

この違いが、
「日本人は伝えたつもりなのに、外国人には伝わっていない」という状況を作っています。

そのため、空気を読んでコミュニケーションをとる私たちが
海外の方と意思疎通を図るためには、
ロジカルに意思や意図を言葉として伝えることがとても重要なポイントとなります。

6W2Hであなたの英語が伝わるようになる!

「意思や意図を全て言葉にして伝える」と急に言われてもできない、
と思う方が多いと思いますが、
6W2Hを意識するだけで、簡単に意思疎通ができるようになります。

6Wとは:When, Where, Who, Whom, Why, What
(いつ、どこで、だれが、誰に、なぜ、なにを)
2Hとは:How, How much
(どのように、いくら)

6W1Hを使うことで、ポイントとなる「何をいつまでに、どのようなものを」を、相手に伝えることができます。
また、【Why】は、依頼の重要度やあなたの意見をサポートする大切なポイントです。
依頼内容と共に、依頼理由をしっかり相手に伝えましょう。

私たち日本人が異文化の中でコミュニケーションをとることは、
日本人とのコミュニケーションに比べると大変な労力を使います。
ですが、1つのポイントを抑えることで、
円滑な意思疎通ができるようになるので、
外国人と仕事をする際は、ぜひ6W2Hを意識してみてください


外国人とのすれ違いを紐解き、職場の生産性を上げる
異文化コミュニケーションコンサルタント
Azumi Kana